2019年5月をもって退役した日本トランスオーシャン航空(JTA)のボーイング737-400型機の歴代塗装のモデルプレーン(1/130スケール)3機セットです!
~JTA B737-400's HISTORY~
JTAのボーイング737-400型機は1994年の導入から2019年5月の退役まで25年間、通算23機が在籍し、沖縄県内はもちろん国内各就航地、ときにはチャーターフライトで台北まで飛行したJTAの主力機です。歴代3塗装があらわすように、737-400型の運航期間中にはロゴマーク・塗装が3回変更。まさにJTAの歴史を築いた機体です。2016年1月には後継のボーイング737-800型機の初号機が那覇に到着。順次、新機材への置き換えが進みました。そして、2019年5月の退役イベントにおけるチャーターフライトをもって25年間の歴史に幕を下ろしました。

JTA ボーイング737-400 退役記念3機セット

価格: ¥19,980 (税込)
数量: セット
在庫: あり

返品についての詳細はこちら

twitter

●商品内容  ①~③の歴代塗装 3機。
JTA ボーイング737-400モデルプレーン JA8523(運航期間 1994.07~2003.01) 旧“キューブ”塗装
 →L1ドア(主に飛行機に乗り降りするドア)横にあった「スカイマンタ」のデカールを再現。
 →台座には旧ロゴと退役記念の復刻版「スカイマンタ」をプリント。
JTA ボーイング737-400モデルプレーン JA8940(運航期間 2003.02~2011.06) 旧“アーク”塗装
 →台座には旧ロゴをプリント。
JTA ボーイング737-400モデルプレーン JA8995(運航期間 2011.07~2019.05) 現行“新鶴丸”塗装
 →2019年5月の退役時の姿そのまま、L1ドア横の復刻版「スカイマンタ」のデカールを再現。

●1/130スケール
●寸法(約)/1機:【本体】全長30.4cm×全幅27.5cm×全高15.5cm(スタンド含む)
●重量(約)/1機:210g
●材質:本体:ABS樹脂 / 台座:プラスチック / 外箱:紙



※一部の商品において、クレジットカードと代金引換のみのお支払いとさせていただいております。





ページトップへ